焼酎と車の日々~ぶちうまいけぇ、飲んだら乗りんさんなや♪~

お気に入りの焼酎と車のことを、徒然に綴ってみるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤 黒麹仕込 ~きっかけはさとくろ!~

20050411133302s.jpg

1年位前のある日、ランチタイムに入って気に入った近所のお店をいたく気に入り、
「きっと夜も美味しいに違いない!」
と思い、あまり日を置かずに再訪しました。
前回と同じ、カウンター席の一番奥に座り、目の前に並ぶ焼酎の瓶を眺め、
「そういやぁ最近、芋焼酎が流行ってるなぁ…」
とふと思ったのが、すべての始まりでした。
今思うと、最初はブームに乗っかっちゃったんですねぇ(^◇^;)
厨房内にいた料理長の兄さんに、
「何かお薦めの焼酎、ありますか?」
と聞いたところ、すかさず僕らの目の前にあった、
「佐藤の黒がいいですよ!」と薦めてくれました。
芋焼酎を味わった事すらなかった僕らにとって、
あれは天啓だったのかもしれません。
目の前にすぐに出てきた水割り、まずは香りをかいでみました。
「…甘い!」
そう、その香りはとても甘かったのです。優しいお芋の香り。
一口含んで、その香りが口の中で拡がるのを感じ、
ほんのちょっとのとげとげしささえ感じないまま喉元を過ぎ、
そして飲み込んだ直後に口腔と鼻腔に沸き上がってくる、
ほのかに甘く優しい、まるでスィートポテトのような残り香…
「芋焼酎とはこんなに美味しい飲み物だったんだ…」
と、30余年生きてきて、初めて味わった感動でした。

これ以降、僕らは芋焼酎にはまってしまい、
色んな情報をもとに、美味しい芋焼酎を求め続けています。目標は、
「佐藤の黒を超える芋焼酎!」
あれから1年。いろいろな焼酎を飲んできました。
どれもこれも美味しく、また色んな魅力を込めており、
芋焼酎の世界の広さをしみじみと感じてきました。…が、
いまだに僕らの中で、「さとくろ」を超える芋焼酎には出会えておりません。
それはこの焼酎が、僕らの中での、芋焼酎の印象を作ってしまったからかもしれません。
でも、それだけでは絶対にありません。
飲みやすさ、と、芋の味&香りの表現の豊かさ、とを高次元でバランス良く持っていて、
いつどんなときに飲んでも満足の極みに到達出来る、
そんな芋焼酎だと思っています。

世に数多の焼酎があり、様々な魅力を持っていて、
一概に「これが一番!」というのは言い切れません。
でも、僕らにとっての一番は、「さとくろ」であり続けるでしょう。
これだけは間違いなさそうです(^。^)!

佐藤酒造
佐藤 黒麹仕込
http://www.satohshuzo.co.jp/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiraoma.blog7.fc2.com/tb.php/2-a816e937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

佐藤黒 ゴーゴー

鹿児島の温泉宿にて、ボトルでいただいた佐藤黒。多少残した分を、大事に持って帰ってきたのでする。「お湯割りは感涙もの」と本に書いてあるのを読んだその日からいつか出会いたいと思い続けていた一本。満を持しての登場でございます。温泉宿ではロックやお湯割りにして楽

  • 2005/06/03(金) 22:07:37 |
  • ダレヤメ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。