焼酎と車の日々~ぶちうまいけぇ、飲んだら乗りんさんなや♪~

お気に入りの焼酎と車のことを、徒然に綴ってみるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼酎の原点 ~黄麹初体験~

20050505215552.jpg

お久しぶりです。
ようやく焼酎を楽しめるくらいに回復いたしました。
ご心配をおかけいたしましたm(__)m
早速、と言うわけではないのですが、
久しぶりの焼酎レポート、いかせて頂きます♪

今回は、KOBさんに以前にお薦めされた、黄麹を使った芋焼酎を
飲んでみました。
黄麹は、明治末期に使われていた麹でしたが、暖かい気候下だと、
「もろみが腐りやすい」という欠点があり、次第に廃れ、
沖縄の泡盛を造るときに使われていた黒麹に取って代わられたという歴史があります。
温度管理の技術が発達した現在、再度この黄麹を使用して、
芋焼酎の原点に戻って、再度黄麹仕込の芋焼酎が造られるようになりました。
黄麹仕込の芋焼酎は、モノの本によると、「フルーティで旨い!」とのこと、
今回は、薩洲田屋伝兵衛の「伝 黄麹仕込」を飲んでみました。
お湯割りにして飲んでみると…いつもの甘い芋の香に加えて、
さらに甘い香りがする♪
これは…大好きな、「舟和の芋ようかん」?!(^◇^;)
黒麹や白麹の芋焼酎とは、明らかに香りのタイプが違います。
香の強さそのものは、黒麹と比べると穏やかな感じですが、
とってもまろやかな香りです。
このまろやかさ、口に含んでからも持続します(*^。^*)
トロリという表現がしっくり来る感じ。
口の中で、まったりと甘い香りと芋の味が拡がります。
喉元を過ぎる感じは決してきつくなく穏やか。飲みやすいです♪
後味も、これまた穏やかで、ほのかな香りが残ります。
これはよいです!
黒や白とはひと味(ひと香?(^◇^;))違って、ちょっと新鮮な芋焼酎を楽しめます♪

これが芋焼酎の原点…そう思いながら飲むと、感慨深いです。
技術の進歩にも感謝したいです。
何はともあれ、「黄麹仕込」、とってもお薦めです。
以下のHPで注文出来ますので、ぜひ一度お試しください!
http://seitengai.com/denbee/

濱田酒造株式会社
伝 黄麹仕込

http://www.hamadasyuzou.co.jp/index.html/
スポンサーサイト

コメント

こんばんわです~ TBありがとうございました^^
こちらからも貼らせていただきましたよん。
カゼだいぶ良くなったみたいで、良かったですね!

  • 2005/05/06(金) 22:26:12 |
  • URL |
  • yuki #-
  • [ 編集]

おかげさまで(*^。^*)

すっかり良くなりました♪
最近、新たな芋焼酎を次々と試してますので、
どんどんレポートしていきますね~!

  • 2005/05/08(日) 23:22:20 |
  • URL |
  • シロ #71PIIQ9Y
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiraoma.blog7.fc2.com/tb.php/14-aa6d7ed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黄麹 伝 (鹿児島・濱田酒造・芋)

 登場して約2年ほどの銘柄だそうですが、モンド・セレクションのブロンズ獲得をはじめ、本場鹿児島でも数々の賞を取っている一品。 焼酎作りの原点を追い求めてたどり着いたのが、「黄麹仕込み」「甕仕込み」「木桶蒸留」「甕貯蔵」の4つのキーワード。こだわりの製法が、

  • 2005/05/06(金) 13:22:42 |
  • ロックと酒とちょっぴりの勇気と酒と

伝 ロック

こないだに引き続き、 たまに行くお寿司屋さんにて「伝」。今回はキープしてしまった(笑これはロックが合うかな。食中にスイスイ飲むなら割りヒヤがいいかな~。最近、黄麹で仕込んだものの特長が少~しわかってきましたん。4つしか飲んだことがありませんが柔らかで飲み口

  • 2005/05/06(金) 22:23:58 |
  • ダレヤメ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。