焼酎と車の日々~ぶちうまいけぇ、飲んだら乗りんさんなや♪~

お気に入りの焼酎と車のことを、徒然に綴ってみるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GTI シャドーブルーメタリック ~GT4で撮影~

ちょいとばたばた忙しくて、なかなかブログを更新出来ずにいます。
そんな折に、相互リンクして下さっているdominoさんのfave!に、
PS2用のゲーム、「グランツーリスモ4」(以下GT4)でGOLF V GTIを走らせた、
というエントリーがありました。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、GT4は、
ドライビングシミュレーターとしても最高のゲームですが、
ゲーム内で、お気に入りの車の撮影も出来ちゃったりするのです♪
「ひょっとしたらシャドーブルーメタリックのGTIもあるかな…」と思い、
久方ぶりにゲームを起動してみましたら…ありましたありました!
ばっちりありました(#^.^#)3ドアではありますが、早速購入して、
撮影してみました。。。
GT4で撮影したシャドーブルーGTI
(クリックすると拡大されます)
これが何枚か撮ったうちの1枚です。
まだあんまり慣れて無くて上手く撮影出来ず、
画面が全体的に暗めになっちゃいました(^^ゞ
でも、感じ出てるでしょ?
シャドーブルー、やっぱりカッコイイです♪♪♪
ワッペン(ドイツ語で「盾」を意味します)グリルの赤ライン、
めちゃくちゃきまってますよね!!!
いやぁ、やっぱりいいなぁ。。。早く乗りたいなぁ。。。

ユーティリティ編の続きは、また今度ということで…(^◇^;)
スポンサーサイト

GTI考 ~使い勝手編~

GTIに乗って、日々一瞬が驚きと喜びでした。
でも、GTIって、日常で頻繁に使うユーティリティの部分が
とっても優れています。
そのうちでも、ドリンクホルダーは、今回最重要視した点でした。
普通にドライブしていても、もちろん長距離ドライブの時でも、
人間にとって欠かせないのは水分♪
僕も嫁さんも、車内にペットボトルを持ち込むのは日常茶飯事です。
GTI=GOLF Vには、ペットボトルを置く場所が、何カ所か用意されています。
 (1)センターカップホルダー
    運転席と助手席の間にあるホルダー。しきりが栓抜きなのがポイント(^◇^;)
 (2)ドアポケット
    フロントドアポケット(左右とも)の前の方に、ボトルを置くスペース有り。
    少し大きめですが、COXからその位置にぴったりはまるオプションが出てます。
    http://www.cox.co.jp/coxproducts/parts/other/36.html
 (3)センターアームレスト内
    アームレストを開けると、中には冷風を送れるようになっていて、
    夏場は重宝しそうです。
 (4)グローブボックス内
    確かここにも、冷風を送れるようになっていたはず…
 (5)リアシート前
    しっかり、2つ分のホルダーがあります。

と、いくつか用意されています。
実際にホルダーとして使えるのは(1)(2)(5)でしょうけれど、
前席としては(2)が使いやすそうかな、と思ってます。
ということで、すでにCOXのドリンクホルダー、購入しちゃいました(^^ゞ

この点、試乗してきた他社の車で、ちゃんとしたホルダーを備えている車は、
僕の記憶が確かならば、ありませんでした。
「ちゃんとした」が意味するのは、使い勝手です。
たとえばA3スポーツバックですと、インパネに飛び出し式のホルダーが1つありますが、
移設しようとしているカロナビを付けると、ディスプレイにあたってしまい、
出せなくなってしまいます(x_x)
もう一つはアームレストの真下…アームレスト使用中は置くことが出来ません。
実はこれが、A3SBではなくてGTIを選んだ、最大の要因だったりもします。

GOLFのインテリアは地味っぽいですが、
実際は相当考えられて作られていることが、これだけでも分かります。
車幅を1760mmまで、伊達に拡げたんじゃないんだなぁ、と思います。
ドアポケットの大きさ・形もそう。
乗員に窮屈な思いをさせずに、出来るだけ大きく、でもみっともなくはしない、
そのちょうどいいところをしっかり考えて作られてます。
プレミアム感そのものは、確かにA3には少し劣るかもしれませんが、
「プレミアム+実用性」で考慮すると、GOLFに圧倒的に軍配が上がります。

次回は、もう少し「使い勝手編」を続けてみます。

GTI考 ~試乗2日目~

GTIコクピット

月曜日、試乗の2日目です。今日はGTIで通勤します。
立体駐車場を動かして、GTIが出てくるのを待つ…わくわくします♪
赤いラインが目に入ってくる…ドキドキです。
朝からこんな感じでした(^◇^;)
普段ベリーサで走る道が、違って見えてきます。
全ての車の動作が軽快です。でも、「軽い」ってのとはちょっと違います。
いわゆる、ストレスフリーなんです。
「車が素直」と言えば良いのでしょうか。
アクセルにしてもハンドリングにしても、こちらがしたいことを、
そのままの形で表現してくれる。
GTIって、そんな車です♪

今日はじっくり、インテリアを眺めました。
実は、GTIに乗る前まで、GOLF Vのインパネ、
あんまり好きになれなかったんですよ~(x_x)
こう言っちゃなんですが、ありきたりっぽいなぁ、と。。。
Citroen C4の、アバンギャルドなインテリアを見た後だったので、
余計にそう思えたのかもしれません。
でも、実際に乗ってみて、考えが180度変わりました。
確かに地味で素っ気ないデザインですが、実に質感が高いんです♪
ナビがすっぽり入る2DINのパネル、この周囲の曲線ですが、
実に、実にエレガントなんですよ♪
これ、実際にじっくり見ないとなかなか感じられないんです。
滑らか、かつ大胆に、手前から奥の方へ流れていく。。。
その造形が、ホントに見事なんです。
ダッシュボードとの一体感の表現が素晴らしい。
そしてパネルの位置が高くて、とっても操作しやすい。
一番下にあるエアコンの操作ダイアルも、ごく普通に手が届きます。
視線の移動も、かなり少ないです。
パネル周りも、その「一体感」がうまく作られてます。
運転席・助手席側につながるラインもごくごく自然で、これまた滑らか。
メーターフードの盛り上がりの大きさだけはちょっと閉口しますが(^◇^;)、
でも、スピード&タコメーターの造形はあまりにも格好良くて、
運転席に座っただけでぼ~っとしてしまいそうです。

BMW 1シリーズのコックピットも嫌いじゃありませんでしたが、
僕はこのGTIの、のびのびとした空間の方がはるかに好きです♪
天井も高すぎず低すぎず、ぴったりかなぁ、って思います。
う~ん、やっぱり良い…(#^.^#)

次回は、ユーティリティ関係の装備について、少し考えてみます。
そしてこれらがそのまま、A3SBとの比較に繋がっていきます…

凄いっ!!! ~GTI2日間試乗~

借りたGTI黒

GTIに惹かれつつあった僕は、どうしても高速試乗がしたかったです。
街中での走りはとっても重要ですが、毎日高速を使って通勤するので、
そこでの走りは街中以上に重要でした。
今度は、以前にGTXの試乗をお願いしたディーラーに、
「GTIの高速試乗をさせて欲しい」
と連絡を入れ、返事を待ちました。そして…返事が来ました。

「うちのディーラーにあるGTIは展示車もかねていて、
 休日に、時間のかかる高速試乗はできません。
 ただ、平日で宜しければ、丸々1日お貸ししますよ♪」

…えぇ!えぇぇっっ!!!.。ooO(゜ペ/)/


これにはビックリしました!
試乗で、1日貸してくれるなんて話、今まで聞いたこと無かったので…
もちろん喜んで、お借りすることにしました。しかもその上…
「日曜日の夜に借りに行って月曜日の夕方に返す」
という感じでいこうとしたら、
「月曜は定休日なので、火曜日返却でいいですよ♪」
…も~涙が出ました。なんていいディーラーなんだ!!!

お言葉に甘えて、2日間、貴重なGTIをお借りしました。
妻と一緒に借りに行き、そのまま市内をたっぷり走りました。。。

以前に感じたロールの少なさはやはり凄くて、
交差点に少し飛ばし気味に入って、ぐっと曲がっても、
ほとんど左右に沈み込みません。
少しくらいの路面の凹凸は、何のこともなく吸収してしまい、
乗り心地は最上、いや、極上です(*^。^*)
ガラガラの道で軽く踏み込むと、それはもう素晴らしい加速で、
あっという間に100km/hに達してしまいそうになります。
でも、暴力的な面は欠片もないんです。
人によっては物足りなく思ってしまうかもしれませんが、
僕にとっては、これがGTIの素晴らしいところ♪
GTX以上のプレミアム感を感じてしまいます。
そのまま高速試乗へ…おぉぉぉっ!
普段ならばベリーサのエンジンが必死になって登る坂道を、
GTIは普通に、というより軽々と登って行くじゃないですか♪
踏み込めば踏み込むだけ気持ちよく加速していく…こんな快感、初めてでした。
そして、忘れてはいけないのがハンドリング。
FF車とは思えないほど、素直でスムーズな切れ方をしてくれるのです。

助手席に座った妻が興奮してます。
「この車、もううちの車みたい♪」
おいおい、ちょっと気が早すぎるんぢゃないの?(^◇^;) と思いつつ、
僕もその気になってきてました。
何せ今日は、GTIを返さなくてもいい!!! 自宅に連れて帰れる!!!
すっごく嬉しかったです(#^.^#)
自宅の立体駐車場に入るかどうかも確認出来ました。
(これってとても大事ですよね)

まだ1日目の日曜日です。月曜・火曜と、幸せな日々が続きます…♪♪♪

そしてとうとう… ~GTI初試乗~

GTXに乗ってからしばらく(と言っても1ヶ月ちょい(^^ゞ)は、
試乗熱が冷めてしまって、ちょっと間があきました。
でも、この「ちょっとの間」に、様々なアクシデントが相次ぎました。
ブログでちょこちょこ語ってきましたが、マツダのディーラーでバタバタが…(--#)
代車ばかりでろくにmyベリーサに乗れず、ホントに腹立たしくて、
マツダという会社に完全に愛想が尽きてしまいました。
(マツダ好きの方、ごめんなさい。あくまで“私情”です)
マツダの車は今も変わらず好きなのですが…
当初予定していた、「ベリーサに5年乗ってから買い換え」という話が大幅に前倒しになり、
真剣に、買い換えに向けて、妻と話が進み始めました。

そんな時期に…とうとう日本で発売になりました!
GOLF V GTI!!!


もちろん、待ちに待っていました♪
GTIデビューフェアのお知らせをディーラーからいただき、
早速試乗しに行きました。

試乗車は黒GTIでした。
フロントグリルのハニカムがとてもよく似合っていて、
そこに流れる赤いライン
こう言ってはなんですが、シールではった赤ラインと比べて(^◇^;)、
「なんてかっこいいんだ!!!」
と、しみじみ感じました。
GTXと異なり専用のアグレッシブな顔を与えられたGTI…輝いてました。
後部バンパーから出ているツインテールのエグゾーストパイプがこれまた格好良く、
全体的にも、ローダウンされたシェイプがきまっていて、
「さぁ行こう!」
と車が語りかけてくるようでした。
(「行くぜ!」じゃないのがポイント)

この日は、フェアの最中だったこともあり、高速試乗まではできませんでした。
でも、一般道をぐるり一周するだけで、GTIの素晴らしさ、ハッキリとわかりました。
以前にA3SB TFSIでDSGを試していたこともあり、
アクセルワークは「ドッカン」にはならず、ほどほどジェントルに出来ました。
でも…やっぱり加速感が凄い!!!
ホントに凄いんです。だからといって、「めちゃくちゃ」では無いんです。
加速のどこかに理性が効いている…そんな感じでしょうか。
そして特筆すべきは…
コーナリング時のロール抑制の素晴らしさ♪
も~たまりません。キュッて曲がっても、車の横揺れが殆ど無い!!!
専用サスペンションの力でしょうか、これには完全にまいっちゃいました。

ほんの10分弱、たった1周でしたけれど、
GTIのFirst Impression、めちゃよかったです(*^。^*)
ただ、まだまだ乗り足りない印象はぬぐえきれず、
この時点ではアウディA3の印象の方が強かったのも事実。
でも、この情勢が一転してしまいます…GTIの2日間の試乗…

初フォルクスワーゲン ~最初はGTX~



アウディA3スポーツバック TFSIに乗って、
DSGの素晴らしさに魅了された僕は、
当然のごとく、その時点でもう1台のDSG装着車である、
GOLF V GTXに乗ってみたくなりました。
(まだGTIが、日本国内では発売されていませんでした)
ご存知の通り、GOLF V GTXは日本のみの仕様で、
GOLF GTを豪華仕様にしつつ、サスペンション等を少しいじって、
「プレミアム&スポーツ」を謳ったモデル。
レザーシートが好きな僕と妻は当然気になったのですが…
試乗車がない!
広島県内のVWディーラーを当たってみたのですが、GTXの数そのものが少なく、
真っ当な試乗車を見つけることが出来ませんでした(x_x)
とその時、あるディーラーから、
「お店の回りだけでよろしければ、乗れますよ♪」
とご連絡頂き、喜び勇んでかけつけました(*^。^*)

なぜ「お店の回りだけ」かは置いておいて(^◇^;)、
GOLF初体験、僕にとってはGTIへとつながる、大事な瞬間でした。
もちろんGTIと違って、顔はGOLF GLiやGTと同じ。
でも、内装はホントに豪華で、ウッドをあしらったパネルとステアリング、
自動調節機能・ランバーサポート機能のついたレザーシート等々、
至れり尽くせりの豪華仕様でした。
「見た目はおとなしめだけれど、中身はけっこう凄いんだぜ」
って感じかな。ちなみに黒GTXでした。
乗り込んで座り心地を体感…する前に、う~、ドアが重い(^◇^;)
車の剛性を高めるためか、ドアが凄く重かったのです。
気を取り直して、、、う~ん、結構いいです。
インテリア、派手さはないけれどもしっかり考えて作ってある感じでした。
ウッドの扱いもなかなか上手でしたが、「ここまで必要かな?」とも同時に思いました。
エンジンをかけると、A3SB TFSIと同様に低く くぐもったエンジン音が響きます。
(…ん?でも、A3SBの時より音がうるさいかな?)
率直な第一印象でした。

ホントにディーラー回りを一周しただけだったので、
高速とかでの走りを実感出来なかったので、
GTXの印象がそれほど強く入ってくることはありませんでした。
「エンジン音が大きいなぁ」ということのみ、頭の中に残り、
「これならA3SB TFSIの方がずっといいなぁ」
と思わされました。もちろん値段も、A3SBの方が高いですが(¨;)

GOLF Vに対する印象、このときはあんまり良くありませんでした。
あまりにも短い試乗でしたので、ネガティブな面だけ目立っちゃったんですよね。
それが間違いだと気付くのに、3ヶ月弱ほどかかりました。。。
GTIの試乗の日まで…

リンク表記の変更

こりんさんのブログへのリンクを作成したときに、
リンクの表示、少し変更してみました。
FC2 BLOG、本当に素晴らしいのですけれど、
各リンクの説明をリンクタイトルと別に入れることができないのですよ(x_x)
そんなわけで、タイトルと一緒に、説明を入れさせて頂きました。
いかがでしょう?見やすいでしょうか?
不都合がございましたら、どうぞコメントくださいませm(__)m

今日は、「GTI購入記」の続きを、また後で書きます~♪

ラテンの血は熱いっ! ~初のイタリア車~



お昼ご飯を食べて、午後からは別のディーラーに向かいました。
今度は…Alfa Romeoです。
熱いハートを持った147、一度乗ってみたかったのです。

今度のディーラーマンは、大竹まことを渋くしたような感じの方でした。
ディーラー内に147 が置いてあり、まずはじっくり…
…かっこいい…
ため息をついてしまいそうになるくらいの格好良さです。
フロントからリアまで流れるようなスタイリング、
運転席はタイトではあるけど狭苦しくはなく、適度にのびのびとしていていい感じ、
後で試乗してハッキリしましたが、視界もとっても良いです。
(後方視界はかなりきつめではありましたが…(..;))
後席も座り心地が良くて、なかなかでした。
ただ、Linea Rossaの最大の特徴であるサイドの「赤いライン」が、
塗装ではなくシールだったのは、あまりにも興ざめでしたが…
(しかも一部はがれてた)

ともあれ、試乗です。シーケンシャルMTであるセレスピードモデルでした。
途中までは、担当の方に運転してもらい、
その間、セレスピードの扱いについて説明を受けました。
ベースがMTで、クリープがない、ということ以外は、ATとほとんど同じ。
そして、、、運転を代わってもらいました。
…いい感じです!
上述したように視界がかなり開けていて、コクピット回りも良い配置で、
セレスピードはごくごく普通に扱うことが出来て、走り出しは好調♪でしたが…

後席に移った大竹まこと、俄然調子が出始めます!!!
「さぁ、どんどん(アクセルを)踏んで下さい!がんがん回して下さい!」
(まぁまぁ、そう焦らせないで下さいよ~)
「3000回転からエンジンが変わって、スバラシイ音がしますから!!」
(でも、前に車がいますから~(^◇^;))
「ほら、エンジンがもっと飛ばせって囁いてくるでしょ?」
(さ、囁いてくる?あ、あぁ、確かにそうね(^_^;))
「7000回転から音が変わってきますよ!ほらほら~!!」
(な、ななせんかいてん???えぇ?えぇぇぇぇっっ???ちょ、ちょっと待ってっ…)
「もっと飛ばしてください、遠慮せずに!」
(って、ここ、一般道ですよ~(゜;)(゜;)ま、前にトラックが~ あ゛~っっっ!!!)

という感じで、「車・運転を楽しむ」というよりは、
「車・大竹まことに走らされる」といった感が強くて、
も~、熱~い試乗になっちゃいました。
当然と言えば当然ですが、同情した妻の評価は最低でした(^◇^;)
僕はそんなに嫌いではなかったですが(車が、ですよ(^^ゞ)、
まぁそれでも、自分が長く乗る車としては難しいかなぁ、といった印象でした。
「ドイツ車の方が合ってるかな…」
そう思わされた、そんな一日でした。

次に乗ったのは ~憧れのA3SB~

A3 スポーツバック

BMW 116iに乗った翌日の日曜日、お昼を挟んで、
2台の車に試乗しに行きました。
午前中に向かったのは、アウディ。GTIと同じDSGを積む、
A3スポーツバック TFSIの試乗に行きました。
ほんの少し前に雑誌でDSGの事を知り、
『究極のギアボックス』とはどんなものだろう?」
と、興味がわくわく沸いてきていたころでした。

お店に到着して、これまた広いスペースと高級感漂う空気に少しおののき、
ディーラーマンとお会いしました。これまた爽やかな好青年で…♪
早速試乗車を見せてもらいました。
この車、コンパクトハッチと言うよりは、ちょっと小さめのワゴン、といった印象。
変な言い方ですが、A4アバントを半回りくらい小さくしたような、そんな形をしてます。
ただ、ワゴンほどは後部上方の張り出しが無くて、
その辺がスポーツバック=Sports Backという所以。
車高も少し低くて、スマートな印象。
見た目は…おぉ、これまたカッコイイ!(*^_^*)
1シリーズと比べてすごくジェントルな印象があって、
落ち着いた雰囲気が、その佇まいから漂ってきます。
エンジンをかけると、ちょっと低めのくぐもった音が聞こえてきますが、
車内はかなり静かで、これまたジェントルな感じでした。

やはり、ディーラーのそばのICから高速に入り、
まずはその加速をたのし………えぇっ!えぇぇぇっっっ!!!
す、凄い。凄すぎる。

シートに身体を押しつけられる、って、こういうことなんだ~
アクセルを踏む感覚はあくまで自然で軽く、
でも車はぐんぐんと押されるように(実際はFFですので引っ張られてますが(^◇^;))加速する。
ロールもピッチも少なくて、コーナリングもごく自然。
なのに、不思議とどこかパワフル、そんな感じの車でした。
気持ちいぃ~♪

ディーラーに帰ってきてから、車から降りたくなくて、
抜いたキーをしばらく握りしめちゃってました(^◇^;)
そのくらい感動しました♪いやぁ、いい車でした。
「次に乗るならこんな車がいいなぁ…」
心の底からそう思える、最高の車でした。ドイツ車、良いです!

そして実際に、この車とGTIとで、最後の最後まで悩みます…

きっかけは… ~初の外車試乗~

BMW1シリーズ

車を買ってから1年も経っていないのに新しい車に買い換えるなんて事、
もちろんベリーサを買ったときには思ってませんでした(^◇^;)
でも、布石はあったんですねぇ、きっと…きっかけは「試乗」でした。
ホントに何気なく、新しく出たBMW 1シリーズに乗りに行ったのが、全ての始まりでした。

同僚に大の車好き(MINI COOPER乗り)がいて、よく彼と、車について語り合います。
僕も彼も、いわゆるコンパクトハッチ大好きで(*^。^*)、
新しく出たBMW 1シリーズ、二人で思いっきり注目してました。
近くのBMWディーラーに予約を取り、4月のとある土曜日、
「どんな車なんだろうなぁ…」というごく軽い気持ちで試乗に行きました。

始めていく外車のディーラー、かなり緊張してました。
お店に着いて中に入って…空気が違いました(^◇^;)
広々とした空間、いかにも高級そうな車、キリッとしたディーラーマン達、
かといって、「一見さんはごめんでぃ!」みたいなところはまるでなくて、
気持ちよく出迎えられました(ま、当然ですよね(^^ゞ)。
用意されていた試乗車は、銀色の116iでした。
むむむっ!やっぱりカッコイイ!!!

乗り込んでまず…正直な話、「うっ、狭いっ(x_x)」と思いました。
「タイトなコクピット感覚」「適度な包まれ感」と言われていますが、
でも狭いものは狭いっ!
お店で後席にもすでに乗り込んでいたのですが、やっぱり狭い。
まぁそんな気持ちは臆面にも出さず、車をスタートさせました。

「この車のよさはぜひ高速で味わっていただきたいので」と言われ、
ディーラーを出てすぐの高速に入り、ぐんぐんスピードを上げていきました。
コンパクトカー随一のFR車だけあって、車の反応は驚くほど素直♪
まさに「意のまま」に車を駆れました(*^。^*)
スティアリングを切ると、その角度だけ車が曲がる、、、なるほど~こういう感じなんだ~♪♪♪
しかも、かなり強引なコーナリングをしても、ロールが少ない!!!
低速時も高速時も、走っていてホントに気持ちいい♪
コクピットの狭さも(その時だけは(^◇^;))忘れて、運転を楽しみました。
ただ平地では、車重に対してパワーが足りない印象で(116iでしたので)、
低速のトルクが不足気味。
う~ん、やっぱり120iに乗りたかったなぁ…

初めての外車体験、とっても貴重でした。
日本車と外車(ドイツ車)の違いを、まざまざと感じることが出来ました。
そしてここから、GOLF GTI購入への道が始まっていきます…(*^_^*)

決めちゃいました… ~GOLF V GTI 購入!~

GTI シャドーブルー

ずっと迷ってました。
ベリーサを買って1年足らず。
車は凄く気に入っている。色もいい。内装もいい。走りもまずまず。
でも。。。ちょっと色々とありすぎました。ディーラーとのバタバタ。
嫌になっちゃいました(O.;)
もう少し乗るつもりだったのですが…違う車に乗ろうと決めました。

前から色んな車に試乗させてもらってきました。
BMW 116i、Audi A3スポーツバック TFSI、Alfa Romeo 147、
Volkswagen GOLF V GTX、Citroen C4、、、そしてGTI
悩みに悩んで…GTIに決めました!!!
2006年モデルのオーダーを、一昨日の日曜日にしてきました。
ギアはDSGで、パドルシフト付き。ボディー色はシャドーブルーメタリックです。
シャドーブルーメタリックは06モデルから加わった色です。
(写真は、欧州仕様車のシャドーブルーメタリック色です)

色々とありましたが、やっと決めました。
次回以降、ここまで来た顛末記を書いていきたいと思います。
ゆっくり書いていくので、見ていってやって下さい(*^。^*)

Volkswagen Interactive
http://www.volkswagen.co.jp/index2.html

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。