焼酎と車の日々~ぶちうまいけぇ、飲んだら乗りんさんなや♪~

お気に入りの焼酎と車のことを、徒然に綴ってみるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安納芋のお酒 ~これは美味い!~

20050628154244.jpg

先日近所のデパートで、大九州物産展をやっていまして、
「絶対に芋焼酎があるはず♪」
と喜び勇んで、出かけて参りました。
数は少なめでしたが、もちろん芋焼酎はありました。
何本か試飲させてもらい、佐賀県の芋焼酎とかもあって、
結構いい気分になったところで、この「夢尽蔵」に出会えました。。。

いや、まさに気分は「出会えました」ですよ!!!
この芋焼酎、ホントに美味しいです。
立ち上がってくる香りの甘いこと甘いこと…(#^.^#)
芋の香が大好きな僕らにとって、最高の条件の一つです♪
飲み口は軽やかで、でも軽々しすぎずしっかり味が伝わってきて、
飲み込んだあとの香の立ち方も、これまた最高!!!
すごくいい感じです。
何度も言っちゃいますけど、ホントに美味しいです♪
いいですよ~これ。

種子島で食用に使われる「安納芋」を使用しています。
この「安納芋」、とっても甘~いお芋らしくて、
その感じが、お酒に良く出ています。
それを大甕&黒麹で仕込んでます。美味いわけです♪
売り場の人の話では、
「焼酎の大ブームには乗れなかったけど、
 これから売り出していきたい焼酎です!」
とのことでした。
ぜひぜひ頑張って下さい。応援しています♪

種子島酒造
夢尽蔵

http://www.tanegasima.co.jp/top.htm
スポンサーサイト

あぁっ! ~定期更新って難しい~

細菌、、、もとい最近、ろくにブログが更新出来ません。
写真は撮りためているんですけどねぇ…
なんだかんだと仕事が忙しくて、
ブログにかけられる時間が少ないです(O.;)
アクセスを見ると、結構な方々が毎日来て下さってる…
ありがたいことです。心から感謝してます。
今の仕事が一段落したら、また記事を書きますので、
ご容赦くださいませm(__)m

それにしても、、、JAMさん、すごいなぁ。。。
ほぼ毎日更新だ…♪

やっぱり凄い… ~森伊蔵は偉大です~

20050607164455.jpg

芋焼酎を飲むようになってすぐに、「森伊蔵」の名前は
耳に入ってきました。
もちろん、すでにプレミア焼酎としての名声は高く、
定価で手に入れるにはあまりにも難しいのに、
どうしても飲みたくなり、ネットオークションで(内緒(^◇^;))円を出して手に入れました。

…こんなことを言ったら怒られるかもしれないし、
呆れられるかもしれないんですけど、
実は、初めて「森伊蔵」を飲んだとき、、、
全然美味しく感じなかったんですよ~(^◇^;)
なんかこう、ウィスキーみたいな感じがして、明らかに高級感が漂っていて、
「こんなん、芋焼酎じゃないよ~」
と思ってしまいました。
それからもちびちび飲んではいたのですが、やはり好きになれず、
しばらくは口にすることがありませんでした。
そして先日、数ヶ月ぶりに「森伊蔵」を飲んでみようと、ふと思いました。
………美味い!!!
「なにこれっ!美味いよ~!!!」って感じでした。
蓋を開けると芋の香が素晴らしく立ち上がってきて、口にすると口腔・鼻腔にふくよかな香が拡がり、
舌先でその甘さがさらに膨らみ、
喉ごしは滑らか極まりなくてツンツン感のかけらもなく、
飲み込んだ後の余韻もこれまた素晴らしくて、
うっとりしてしまいました♪
この数ヶ月間、色んな芋焼酎に出会ってきて、自分の好みが少し分かるようになり、
舌が肥えてきたからだと思うのですけど、
これほどまで「森伊蔵」が素晴らしい焼酎だという事に今更ながら気付いて、
少し恥ずかしくもなってしまいました(^◇^;)

やっぱり違いますねぇ。確かに、素晴らしく美味しいです。
生産量に限界があり、ホントに手に入れるのが難しいのが最大の難点ですけど、
今も毎月、酒造の抽選に挑戦しています。
確率は低いけれども………どうか当たりますように(#^.^#)

森伊蔵酒造
森伊蔵

http://www.moriizou.jp/

回復をお祈りします… ~佐藤酒造事故~

いつもチェックしているWEBニュースの「ZAKZAK」
トップページに「佐藤 白麹仕込」の写真が載っていて、
びっくりして記事を見てみたら…なんと…
タンクの洗浄作業中に、従業員が酸欠で倒れてしまい、意識不明の重体に…
通常行うガス抜きの工程をしていなかったことが原因だとか。
う~ん、、、よほど忙しかったのか、それとも油断をしてしまったのか、
詳細はハッキリしていないようですが…

焼酎にはまり、そしてこのブログを作るきっかけになってくれた「佐藤酒造」です。
酒造に、そして焼酎に対する思い入れはとても強いです。
そしてこよなく愛する焼酎を造って下さっている従業員の方々へ、
いつも感謝しています。
事故に遭われた方の回復を、心からお祈りしています。
また落ち着かれてから、ゆっくり美味しい焼酎を造って下さい。

緊急エントリーでした。。。

カモメマーク… ~デミオ・マイチェン~

20050602103123.jpg

こないだ広島駅に行ったときに、新幹線改札口前に、
マイナーチェンジしたデミオが展示されていました♪
写真撮影をして、時間がないのに(^◇^;)まじまじと眺めてました。。。

最近の、顕著なつり目」「カクカクしたボディ」ではなく、
穏やかな表情をしたルックス。素直に好感を持てました。
エアロパーツを装備したSPORTとCasualAeroactiveは、
その柔らかい表情にキリッとした味付けがされていて、
Casualとの差の付け方が、さりげないながら上手いなぁ、と思いました。
先代デミオの表情もとっても好きですが、僕は現行の方が好みかな(#^.^#)
燃費性能もリファインされていて、10.15モード燃費がかなりアップしてます。
「マツダ、頑張ってるなぁ!」ひしひしと伝わってきます。

ただ…ひとつだけ気になる点が…
僕、マツダのマーク、すごく好きです。
頭文字の「M」を綺麗にデザイン化して使っていて、
多々ある車メーカーのマークの中でも、一番出来がいいと思ってます♪
俗に「カモメマーク」なんて言われちゃってますが、カモメ、いいじゃないですか。
確かにそう見えます。そしてそれが綺麗です。
ベリーサを運転していて、スティアリングに付いているマツダのマークを見るとき、
その滑らかかつキリッとしたライン、計算された凹凸の美麗さに、
シンプルだけれど躍動感を感じて、心躍らされます。

なのに、この新しいデミオに付いているマークは…
ちょっと大きくありませんか?
ベリーサに付いているマツダマークも結構大きいものですが、
それでも表情のバランスを崩していない感じです。
でも、新デミオのマツダマークは、5角形グリルを上にも下にも突き出して、
自己主張が激しい感じがします。
もちろん、マツダを象徴するマークであり、無くてはならないものですが、
むむむ…ちょっと主張しすぎなんじゃないかなぁ…
なんだか、新しいヴ○ッツのグリルと似ちゃってます。
張り出しの強さで勝負したかったのかなぁ…
5角形グリルを保ちつつ、ちょこっと崩したかったのかもしれません。

新しく登場するロードスターのマツダマーク、
シンプルで控えめで、それでもしっかり主張してます。
僕、これでいいと思うんですよ~♪
最初に述べたように、マークとしては秀逸のデザイン。
このマークを見れば、「あ、マツダだ!」と、すぐに分かります。
「ZOOM-ZOOM」が世の中に浸透してきた今、
「さぁ、マツダの再躍進が始まっていくぞ~!」という気持ちはよく分かりますが、
逆に「焦りは禁物」かな、と思う、
今日この頃でした。

ベートーベンの味? ~田苑黒こうじ仕込~

20050601100814.jpg

実は僕、大学時代からオーケストラでオーボエを吹いています。
社会人になった今もなんとか続けられていて、
これからも一生大事にしていきたいな、と思っている趣味の一つです。
そして、オケの人間は、お酒が好きな人が多いです。
クラシック音楽に陶酔するとき、不思議と現実から離れている気分になることがあります。
「音楽に酔う」のと「お酒に酔う」のと、どこか通ずるところがあるのかもしれません(^^ゞ

この「田苑 黒こうじ仕込」を作った田苑酒造株式会社では、
僕らクラシック音楽好きがめちゃくちゃ喜んじゃいそうな仕込み方で、
焼酎を造っていらっしゃいます。
下記のHPを見て頂くと分かるのですが、
樽にトランスデューサーをくっつけて
焼酎を仕込んでいらっしゃるのです♪
聞くところによると、蔵でクラシック音楽を流しながら仕込みをしていたら、
スピーカーに近いところの麹の方が育ちがよいことに気付き、
「これは焼酎の味にも関わってくるのでは…」
とのことで始められたものだとか。
「音響仕込」「音楽仕込」と銘打たれております。
これ、素晴らしいなぁ、と思います。
麹も生き物ですから、音楽に影響されて当然だと思うのです♪
音は空気の振動であって、その振動が麹にとって気持ちのいいものなのかもしれません。
「麹が喜んでいる♪」
僕はこの話を聞いて、すごく嬉しくなりました。
流れていた曲が「ベートーベンの交響曲第6番『田園』」であったというのも、
感慨深いです。
ベートーベンが自然を愛し謳う心を描いたこの曲が、麹達をその気にさせた、、、
いい話じゃないですか~♪♪♪

…というわけで、この「田苑 黒こうじ仕込」、飲んでみました。
すごくすっきりしています(#^.^#)
黒麹独特の甘さ苦さはくっきりしていますが、決して自己主張が激しくなくて、
自然と口や胃袋、鼻に馴染んできます。
芋芋した甘さは程よく優しくて、なんだかホッとします。
晩酌にももちろん良いですが、季節が季節ならばこの焼酎を持って、
お花見に行きたい気分になりました。それも昼間の♪
いえいえ、桜じゃなくてもいいんです。
自然に触れながら、風や水の音、空気の流れを感じながら一緒に楽しみたくなる、
そんな焼酎です♪

少々(多々?(^◇^;))感傷的になってしまいましたが、
とっても飲みやすくて、どなたにもお薦めできる焼酎です。
通販で手に入れることもできるようなので、ぜひ一度お試しになってみて下さい。
酒造のHPには、「音響仕込み」について詳しく書かれていますので、
必見ですよ~(*^。^*)
今度、白麹仕込みも飲んでみたいなぁ…


田苑酒造株式会社
田苑 黒こうじ仕込み

http://www.denen-shuzo.co.jp/

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。